« 第26回 二日目 | トップページ | 第26回 体重測定 »

2014年10月14日 (火)

第26回 3日目死亡

午後20時半頃から、苦しいのか時々悲痛な声で、聞いていられないくらい悲しい苦しい声で鳴く。何時間過ぎただろうか、想像もしてないくらいに生命力がある…。虫の息なのに、こんに小さな体で生きたいって頑張ってる…。

途中で私は諦めた気がする…、でも、この頑張りなら病院で何か治療ができたのだろうか…。

小さすぎて血管確保は難しいのではないか…?

怒りしかない、悲しみより怒り。
こんな小さな子猫を交番に、母猫から離した子猫を…、あーーっもう、怒りしかない!

名前もない黒猫ちゃん、もう動いてないよ。
午後23時頃、亡くなりました。

undefined

他の3匹もどうなるか…

« 第26回 二日目 | トップページ | 第26回 体重測定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 3日目死亡:

« 第26回 二日目 | トップページ | 第26回 体重測定 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31