« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

第6回 どっちなの?!

ミルクタイム     
am02:50      1回目2,5cc。2回目1,5cc~2,5cc。3回目1,0cc~1,5cc。背テンがウンチ。
am06:40   1回目2,0cc。2回目1,0cc~2,0cc。3回目1,0cc~2,0cc。(どのコか、ウンチ)。
am09:40   ミルク量は変わりなく、鳴いてるコのみ、ミルク追加。4頭で約20cc
どのコかウンチ。喉を鳴らし始める←気管にミルク入ったのか?!
pm12:50   ミルク量変わらず。オレンジがウンチ。他3頭は、にじむ程度。
pm16:40   ミルク量変わらず。
pm18:30   ミルク量変わらず。(クルクル回って、ミルク飲ませづらい。)どのコかウンチ。
pm20:45   ミルク量代わらず。ハナブチがウンチ。背テンは目が開き始める!
pm23:45   ミルクは4頭で、22cc。キャリーバックの中に、3本のウンチ。

◎ある猫の医学書から抜粋
生後7日まで、3cc~6㏄を2時間おき。
生後7日~14日まで、6cc~8ccを、昼は2時間おき夜は4時間おき。
生後14日~21日まで、8cc~10ccを、昼は2時間おき夜は、pm23:00~am8:00の間に1回・・・・、そうなんだ~
なかなかハードだね!

2012年6月29日 (金)

第6回 へその緒取れ始める

ミルクタイム         
am00:45    ミルク量各4cc~4,5cc
am03:45     ミルク量各5cc。4cc~6,5cc
am07:40            
◎体重オレンジ105ハナブチ120背テン115背シロ95
am09:45      ミルク量各4cc~4,5cc。
pm13:10        

0029

オレンジ黄土色ウンチ。背テン黒くて硬めのウンチ。←pm15:40
pm16:55      
◎体重オレンジ110ハナブチ120背テン120背シロ100
オレンジとハナブチが、引っ張っても切れない、ゴムみたいなウンチ!しかも長いw(゚o゚)w  
(へその緒が取れ始め)。
pm20:00            
ハナブチと背テンにじむ程度のウンチ、背シロウンチ。
  

2012年6月28日 (木)

第6回 見分けがつく・・・?

2012年6月28日(木)

pm12:01 
携帯の着信に、動物管理センターの文字・・・きたか?予感的中!!「今入ったばかりで、箱に入ったままの仔猫4頭を、預かれませんか?」との事・・・。教室が終わり次第、預かる方向で、見に?・・迎えに行く・・。

pm13:35   
へその緒付きの4頭は体が冷たかった。この時期は、センター内で感染症が出たので、職員は手袋をし仔猫に触れず(人には感染しません。)、入ってた箱から私が取り出し、持参したキャリーバックに入れる。
職員は”持ち帰りお世話禁止”だそうで、こんな状況では、断れないだろう!普通(*`ε´*)ノ
pm14:45
◎体重 オレンジ♂95g ハナブチ♂115g 背テン♂110g 背シロ♀95g

0026

ミルクタイム 
pm16:50
pm19:20
pm21:00     オレンジとハナブチがミルク
pm21:20     背テンがミルク
pm21:25     背シロがミルク

2012年6月22日 (金)

完全室内飼い

『完全室内飼いって可哀想ー猫は自由に外に出したい。』なんていう人もいます。

でも完全室内飼いは全然可哀想ではありません。
テリトリーをあえて外に増やす必要ありません。

外は危険がいっぱいです!!

交通事故や他の猫とのケンカ(感染症移るリスクも)、カラスの襲撃や人間による虐待、近所をお散歩したら”迷子”と勘違いされ交番や保健所に連れて行かれる(すぐ帰ってくるべ!なんて考えて探さない飼い主もいますね。)、行政に持ち込まれるという事はどういうことか、あえて記さなくてもわかりますよね。

外に出る危険性を考えると、完全室内飼いがいいです。

2012年6月19日 (火)

不妊去勢手術

不妊去勢手術は必要です。

①問題行動の防止。
発情期の大きい声やスプレー行為をしなくなります。

②不幸な命を増やさない為。
殺処分の8割は生後間もない仔猫です。不幸な命を増やさない為にも不妊去勢手術は、絶対に必要です。(飼い猫はせめて不妊去勢手術してから出す。自分の飼い猫はオスだから関係ないという人もいますが、オス猫がいてメス猫が妊娠するんです。ね?関係ないわけないですよね。)

③病気の予防。
オスは精巣腫瘍や前立肥大など、メスは乳腺腫瘍や子宮蓄膿症など予防できます。

2012年6月14日 (木)

室内飼いでもワクチン

室内飼いでもワクチン接種したほうがいいです。

感染症は感染力が強く毒性が高く、命にかかわる恐ろしい病気です。
ウィルスは人の手や服などに付いて持ち込まれることもあるので、完全室内飼いだからと安心できません。
室内飼いでも『三種混合ワクチン』を接種しましょう!
体調を崩してから病院へ駆け込んでも、手遅れになることもあるので予防が大切です。

打倒パルボ!!!

2012年6月11日 (月)

第5回 三毛が・・・

ミルクタイム
am1:30     ミルク0,3cc(トイレ内は、下痢染み)
am3:30     ミルク0,6cc(トイレ内は、ゼリーっぽい下痢)

am5:30     ミルク0,4cc
am7:00     ミルク0.5cc
am7:20頃から、息が荒く、頭を振ってる・・・。病院で”安楽死”を選択したほうがいいのか・・・。
am8:18     亡くなる・・・・。
こんな短期間に4頭が亡くなるなんて、パルボに感染したら、もう100%駄目なんだ・・・。

ゲージを返しにセンターに行ったら、受付に夫婦がいて、その足元にダンボールが置いてあって、女性は目を真っ赤にしてた・・・。何が入ってるかわからないけど、動物管理センターだから想像つくよ。
どういう経緯か想像もつかないけど、泣くくらいなら育てて、大きくなったら里親探してみたらいいさ!

まさか、庭に来てた猫に餌をあげてたら、仔猫を生んでしまった・・・なんて、最悪な理由じゃないですよね?
庭にきてた猫にゴハンをあげるなら、しっかり覚悟をもってお世話してください!排泄やゴハンの片付け、去勢不妊手術して最後まで責任持ってください!その覚悟がないのなら、無責任にゴハンをあげないでください!

この夫婦の背景に、どんな事があってセンターに連れてきたのかわからないが、上記の理由や引越しで飼えなくなったとか、飼い猫であっても不妊去勢手術せず、放し飼いにする人や迷子になっても探さない人が、あまりにも多いすぎる・・・。生き物なんだから、しっかり考えてください。

2012年6月10日 (日)

第5回 難しい・・ 

2012年6月10日(日)

ミルクタイム

am5:40         離乳食 ウンチ○ 食べた10分後に吐く。
体重が20gも減ってる・・・。ウンチは下痢ではない。吐いたので薬は後で。
am8:40     のみ薬  am8:55嘔吐(薬も出たか?)

◎病院にて治療。体重300。吐いたら2~3時間おいてミルク。下痢と嘔吐が続くと、生存率は低い・・・。
am11:10       嘔吐
pm15:20       ミルク1cc。
pm15:40       絵の具を絞ったようなウンチ。
体が(足元)フラフラしてる・・・。
pm16:59       ペットシーツにウンチ染み。
pm17:00       ミルク1cc。
pm18:00       のみ薬。

pm18:25       ミルク1cc。10分後に嘔吐。
pm20:20      下痢ではない?ウンチ。
pm20:25      ミルクほとんど受け付けない。

pm20:35      下痢状の中にも、ウンチ塊がある。
pm21:25      泡っぽい嘔吐。この10分後に下痢。
pm22:20      ミルク0,3cc。pm23:20ミルク0,4cc。
pm23:25ゼリー状の下痢。

2012年6月 9日 (土)

第5回 三毛 強制給餌・・・ 

ミルクタイム
am5:00          離乳食とミルク(少)  とても形の良い1本ウンチ。
am6:25          のみ薬。
病院でインターフェロンなど治療。体重が安定してない。もっと増えないと、安心できない。
pm12:00    ここにきて強制的にミルク・・・退院サポート入り2,5cc。
pm15:10    強制的に退院サポート入りミルク2,5cc。
pm17:30    形の良い1本ウンチ。pm17:58のみ薬。
pm21:10         ミルク量、内容は同じ。体重330
ミルクを飲まなくなり、離乳食も食べなくなり、今日は強制給餌。

2012年6月 8日 (金)

第5回 三毛もか?

ミルクタイム
am05:10       三毛はミルク+離乳食。
am08:00       皿からミルク。
 (体重15g減ってる。)
am10:15       離乳食小さじ1杯半。
pm14:10   離乳食小さじ1杯半。ミルク7cc。
体重が減ってるが、下痢も嘔吐もないし、元気で食欲もある。(インターフェロン引き続き、脱水注射)
pm17:45       のみ薬。pm19:22 形の良い1本ウンチ。
pm21:25       離乳食小さじ1杯。

2012年6月 7日 (木)

第5回 鼻白とサビが・・・

ミルクタイム
am3:50       ゲージを開けたら、3頭は生きてる!ただ、鼻白危なさそう・・・、苦しいのか、時々鳴く。
am4:00       ゲージ内にオシッコ跡あるが、ウンチ跡はない。
am4:20       ミルクと排泄。   三毛ミルクのみ。
am4:45       サビと三毛、のみ薬。
am5:25       鼻白は死亡・・・。
昨日の夕方はミルクを要求したり、下痢が少しネットリと形があり、希望も感じたが駄目だった・・・小さすぎた。
4頭の中で一番小さかったけど、声が大きくパワフルで、とても美人さんだったのに・・・
am7:25       サビが薬を吐かないようなので、ミルク1cc。
am8:20      
サビミルク0,3cc。(この20分後に下痢、am9:10に嘔吐。)
am9:15       三毛は離乳食小さじ1杯半。(りっぱな1本ウンチ。)
サビが脱水症状になると大変なので、ミルクを飲ませようとするが、受け付けない。
pm13:00       
夕方、病院にて輸液など治療。体重サビ195 三毛335
pm16:55 三毛のみ薬
pm18:10          
pm21:23サビ死亡・・・。
”パルボ”って厳しい・・・。あんなに痛がってた注射を朝夕2回やって、でも駄目・・・どうにもならない。最後まで苦しんで苦しんで、ミィミィ鳴くほど苦しくて・・・、安楽死も選択の一つに入れたほうがよかったかもしれない。

2012年6月 6日 (水)

第5回 茶トラが・・・

ミルクタイム
am5:10      朝ゲージを開けたら、茶トラが死んでた・・・。
am5:55   
サビ嘔吐。
am6:05      
鼻白下痢(下痢が続き、お腹が痛いのか、悲鳴をあげる・・。)
センターからの帰り、目ヤニや鼻水が気になったので、かかりつけの病院に行った。初日からインターフェロンや脱水ぎみなので注射したり、早め早めの処置をしてきたつもりだが、駄目だった・・・。茶トラは、まん丸フェイスで愛嬌があって、とても可愛いコだった。すぐに里親さんが見つかるね!なんて、家族で話してたのに・・・。

am7:30       目を離した隙に、どのコかトイレに泡っぽい嘔吐と下痢。チャッピーの食事介護中で気付くず・・・。
am9:00       鼻白とサビは、病院で治療。体重サビ240 三毛350 鼻白180
am11:00      鼻白ミルク1,5cc。
pm12:00   三毛は離乳食。 
 サビはミィミィ鳴いてる・・下痢つづく。
pm14:10      
サビはミィミィ鳴いてる。
pm15:10      
サビ嘔吐。粘膜っぽい下痢は止まらず・・・。
pm15:40      
鼻白ネットリした粘膜っぽい下痢。
◎夕方、治療。インフルエンザの特効薬”タミフル”がパルボに効くらしいが、2ヶ月以上の子猫・・あまりにも小さすぎるが、やってみる価値ある!ので、試してみることに。
pm20:45      
サビがトイレの中で、力なくミィミィ鳴いてる・・・。
pm21:15      
鼻白が下痢。
pm21:35        三毛ミルク+離乳食。
pm22:50  鼻白えづくが何も出ない。

2012年6月 5日 (火)

第5回 茶トラがパルボ 

ミルクタイム
am04:40 茶トラと鼻白、思ってたより元気。特に鼻白は声が大きい。吐いた跡はなく、ウンチは濃い緑の染みが1箇所。ミルクは2頭とも、3~4cc。鼻白は、離乳食を皿から食べる。薬を吐かなきゃいいが・・。      

サビと三毛、サビ心配だったが、2頭ともミルク10ccほど飲む。下痢は、トイレの中に1箇所。吐いた跡はない。三毛は、離乳食を皿から食べる。
am7:30◎茶トラミルク嘔吐。サビは軟便。鼻白に要求されてミルク3cc。(お尻が乾いてるから、ウンチしてない?朝の刺激では出なかった。お尻を触ると凄く怒る。)どのコか、絵の具を絞ったような良いウンチ。

◎病院にて、茶トラ検便”パルボ発症”輸液など治療。他の3頭も治療。ミルク吐いたら、2~3時間は間おく。
◎体重 茶トラ240 サビ250 三毛320 鼻白190


am10:20         茶トラ以外ミルク。鼻白3cc。
am11:30         サビと三毛、ミルク10cc。
pm12:30    サビがトイレで嘔吐。
pm12:50    茶トラが泡状の嘔吐。
pm13:30    茶トラ鼻白、下痢。

pm13:45         鼻白ミルク4,5cc。
茶トラ1cc。15分後、茶トラ嘔吐。
◎保冷剤がないので、500のペットボトルに水を入れ、冷凍庫へ入れておく。
                     茶トラ嘔吐。鼻白ミルク3cc。サビミルク1cc。三毛は自らミルク飲む。
pm15:50          サビ嘔吐。
pm16:00          三毛ミルクたっぷりの、離乳食小さじ1杯。
pm17:10          鼻白ミルク3cc。    
サビ下痢。
                     
茶トラとサビ、病院にて輸液など治療。(茶トラ250)
pm19:00          鼻白ミルク4cc。(下痢)
pm20:05          鼻白 下痢と嘔吐。

pm20:53          サビ嘔吐、少しウンチに形がある!
pm21:05          鼻白、下痢に粘膜っぽい赤いの。
pm21:25         
pm23:20          鼻白ミルク3cc。
◎茶トラは元気なく、横たわってる・・・危ないかもしれない。三毛は変わりなく食欲あり。
                                                      

2012年6月 4日 (月)

第5回 まただ!!!

ミルクタイム
am05;20         茶トラ(軟便)  どのコか、2箇所ウンチ。鼻白5cc。3頭40cc。
am08:50         茶トラ(軟便)    茶トラ離乳食、小さじ1杯半。鼻白ミルク4cc。
am11:50       
どのコかウンチ。茶トラ嘔吐(少)。サビがウンチ。鼻白ミルク4cc(えづく)
pm13:40       
茶トラ、哺乳器からミルクが出ないのか、半狂乱でしがみつき、授乳に30分もかかる!(20cc)
サビと三毛は、安定したミルク飲み。鼻白ミルク6cc。(退院サポート入り←老猫チャッピーの。)
下痢はドキドキする・・、キジや黒のように”最強の感染症・パルボでは?!”と背筋が凍る。
センターの獣医師さんの話では、「今週乗り切れば心配ない。」というが、今日は月曜日・・・長ーい!これで預かりやめようかな、心労でやられる・・・。
pm16:40◎茶トラ下痢と嘔吐!!!!鼻白下痢!!!!!
pm17:30        ミルクと排泄。     茶トラと鼻白のみ、離乳食入りミルク。
pm18:45◎茶トラ下痢!!!!!
pm20:10◎鼻白嘔吐!!!!!

pm20:20        ミルクと排泄         サビ軟らかウンチ。     サビと三毛、2頭でミルク10cc。
pm20:50◎茶トラ嘔吐!!!!!
pm21:05◎サビ下痢に近い軟便!!!
pm22:30◎サビ下痢!!!!!茶トラと鼻白は、ずっと寝てる。


2012年6月 3日 (日)

第5回 治療終了

ミルクタイム
am05:20       鼻白ミルク4,5cc。 (どのコか、ゲージ内ウンチ2箇所)
am08:10     
皿から離乳食を食べるが、足を突っ込み凄 い現場!!ウンチ1箇所。
am11:05       鼻白ミルク8cc(ウンチ)

インターフェロン3日間やって、症状が落ち
ついてきたので、薬で様子見!

pm13:45      鼻白ミルク3cc。  どのコかウンチ。
pm16:00
pm20:00   離乳食。       
 

2012年6月 2日 (土)

第5回 バタバタ!忙しい 

ミルクタイム
am04:40           ゲージ内どのコかウンチ。鼻白は、ミルク4,5cc。
am07:10          
白黒ミルク3cc。飲む気マンマンだが、グボッとミルク出る。
◎体重  茶トラ290 サビ240 三毛250 鼻白200
am09:00   
かかりつけ病院で、鼻白は注射(脱水の)と栄養輸液。(これが痛いのか、凄く鳴く。)ミルク8ccと離乳食を小さじ1杯。(ミルクと離乳食を交互に、3時間おきに与えるよう指示を受ける)全頭インターフェロン。1日2回ののみ薬には、下痢止めも入ってます、との事。

am10:30         鼻白以外、離乳食を皿から食べる。
pm12:15         三毛と茶トラ ミルクのみ。  茶トラ ウンチ○。
pm13:10         鼻白ミルク7cc。
pm15:45         サビ ミルクのみ。(ウンチ△)
pm16:15         鼻白ミルク4,5cc。茶トラと三毛は哺乳器でミルク。
pm19:30         鼻白ミルク5,5cc。他3頭は、ミルク+離乳食(皿から。)ゲージ内に、どのコかウンチ。
pm21:30         鼻白ミルク4cc。3頭はミルク+離乳食。茶トラ ウンチ○。
◎体重 茶トラ305 サビ255 三毛265 鼻白220(夜になって、目がパッチリで可愛い!)

 

2012年6月 1日 (金)

第5回 インターフェロン

センター入りの4頭預かり。(5月30日センターへ入った。)ウィルス性の”鼻かぜ”か、目ヤニとクシャミが気になり、かかりつけの動物病院へ。

微妙に、センターでの体重と誤差あり。()内は、センター体重
◎茶トラ♂260(270)  サビ220(240)    三毛220(235)    鼻白185(200)
インターフェロンと、三毛と鼻白は脱水注射。薬も処方。3時間おきに10ccを飲ませるよう、指示を受ける。

pm17:30        茶トラ8cc サビ10cc 三毛11cc 鼻白8cc。
pm19:35       
pm22:30
◎鼻白は手強い・・・ミルクがこぼれる事が多い。他のコは自らミルク飲む。
    

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31